コミケ92に東武ワールドスクエア、ひぐらしのコンサートなどを見に行きました!(本当は夏に行ったのですが)
season3

週記帳

NGKSMKD
H29(2017)/9
※ ※12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
NGKSMKD
H29(2017)/10
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
NGKSMKD
H29(2017)/11
-1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930-
【主な記事】
9月/コミケ92(No.398)・東武ワールドスクエア(No.399)
11月/ひぐらしのなく頃に奏(No.400)

25日(土)_No.403 Keyword:30の代

×

25日でとうとう"3の代"を迎えてしまったMorryです。
Twitterでお世話になっている椿風しらすさんより、誕生日イラストをいただきました!
週記帳での掲載許可を頂きましたので載せます。(都合でサイズ小さくしてしまってごめんよう...)

1枚目は月姫のアルクコスの梨花ちゃま。すばらしく可愛い...!
この文章を書いている時点では月姫はまだ知らないものの、
以前から気になっていたので、この機会に全巻セット買って読もうと思いました。
2枚目は、私が今年の夏に描いた梨花ちゃんのイラストを模写してくれました。もう本当にありがとう...!!
ちなみにその後、駿河屋で月姫全巻セットポチりしてきました。
全巻セット(1280円)のみだとプラス257円の送料がかかるが、合計額が1500円以上になれば送料無料。
ということで、とりあえずポストカード含めて1530円にしておきました。絵柄不明だけど送料分がポスカになるなら…。

18日(土)_No.402 Keyword:普通二輪免許教習修了

×

3月の終わりからちまちまと通っていた普通自動二輪(MT・400cc)の教習を、ようやく修了しました。

かなり休み休みに通っており、最大で3週間の空きもあったので、最初の想定より時間がかかりました。
9ヶ月の教習期限が迫っている中でのぎりぎりの修了となり、ほっとしています。
今回は「教習所の卒業」であって、「免許の取得」には、まだ免許試験場での手続きが残っていますが、
すでに普通自動車の免許を持っているため、試験はなく、視力測定や写真撮影のみとなります。
土日祝を除く平日しか行けないので、タイミングが合う時に手続きに行こうと思います!(ちなみに1年以内)

4日(土)_No.401 Keyword:───

×

6月分から放置が続いていた週記の更新、やっと終わったーーーーーー!!!!、No.391からNo.400まで一気に公開しました! 以上!!!

日付不定 _No.400 Keyword:ひぐらしのなく頃に奏

×

ひぐらしのなく頃に奏

8月19日。以前からずっと楽しみにしていた「ひぐらしのなく頃に奏」大阪公演の開幕の日を迎えました。
地元の駅より、会場のある泉佐野市(JR熊取駅)へ向かいます。
熊取駅からは、徒歩で約2kmの道のりです(バスもありますが)。
あべのハルカスができる前に日本で二番目に高かった「りんくうゲートタワービル」も見えました。
「エブノ泉のホール」。
なんとか着きました。あと15分…ギリギリ!
いよいよ本番です!
これは鳥肌どころか涙もの…!生演奏は音圧がすごい。癒月さんの歌も聴けて幸せでした。
演奏はCDでも聴けるけど、目の前の演奏だと迫力が違うね!なんというか、音楽が生きている。
たった一度きりの演奏ということで、静かなる緊張感があるのがまた良かった…!
そして、同じくひぐらし奏の公演にいらっしゃったホワリンコさんより、
梨花ちゃんの色紙を頂いちゃいました!かぁいすぎかよ…> <
私最近もらってばっかりですね...ありがとうございます!

梨花ちゃん生誕祭のイラスト

梨花ちゃんといえば、8月21日の誕生日が近づいておりましたので、
急ピッチでイラストを進めていました。こっちは文字のデザイン。
実は2年前にアナログで描いたイラストのリメイクだったりして。
無事に完成し、Twitterでは当日にツイートできました。

日付不定 _No.398 Keyword:コミックマーケット92

×

8月12日(土)と13日(日)は、関東方面へ行っておりました。土曜日はフォロワーさんと合流してのコミケ参加、日曜日は以前から行ってみたかった栃木県の「東武ワールドスクエア」に行って来ました。

コミックマーケット92へ

金曜日のお仕事終了後、青春18きっぷで東京まで向かいます。
新幹線を使いませんから、出発時間の都合上、この日は静岡県の沼津駅で終了。
東京駅にて、椿風しらすさんと合流しました。
以下の写真は最後の戦利品報告以外しらすさんの撮影されたものを使わせていただいています。
新木場駅より乗り換え、りんかい線国際展示場駅下車。
駅の中もすっかりコミケムード。りんかい線にとって年間売上の8割をコミケが占める...らしい。コミケ様様
私にとっては2回目となる東京ビッグサイト。また迷宮に舞い戻って来てしまいました。
去年のコミケはあんなにも暑かったのに、今回は涼しくて拍子抜けしちゃいました。
結局この逆ピラミッドみたいな形をしたこれはなんなのかいまいちよくわかってません。
お互いに目当てのサークルさんに挨拶することも出来たので、3時間ほどで退散しました。
せっかく東京まで来たのだから、ということで秋葉原駅まで移動。
うん、やはり撮る人が変わると写真の写りも違いますね。
主にラジオ会館の中を見て回ったりしました。
いろいろなアニメ・漫画のグッズを見る事ができてこれだけでも随分と楽しかった。
後日撮影した、今回の夏コミの戦利品です! と言っても、ちょっとだけなんですけど…^^
美屡姫(みるき)さん、真白雪夜さん、ありがとうございました!
そして、一緒にまわってくださった椿風しらすさん、本当にありがとうございました。とても楽しかったです。
いろいろと色紙とか下書きとか、私のイラストの模写とかをくださって感謝です!

日付不定 _No.399 Keyword:東武ワールドスクエア

×

東武ワールドスクエアへ(その1.JR宇都宮駅〜今市駅)

コミケの翌日は、栃木県・宇都宮におりました。ただいまより向かうは、ジオラマのテーマパーク「東武ワールドスクエア」。Wikipediaの記事で偶然見かけて以来、以前から興味があった場所です。

東武ワールドスクエアまで行くためには、東武日光線の下今市駅より分岐する鬼怒川線を通るしかありません。
青春18きっぷ利用中ですので、まずはJR線で行けるところまで移動。そして今市駅で下車します。
JRの「今市駅」より約1km北の東武「下今市駅」まで、徒歩で向かい、東武鬼怒川線に乗り換えます。
長らく東武ワールドスクエアの最寄駅は「小佐越駅」でしたが、駅から距離があり不便でした。
運が良いことに、私がここへ来る約3週間前の7月22日にズバリ「東武ワールドスクエア駅」が開業したのでした。

東武ワールドスクエアへ(その2.下今市駅〜東武ワールドスクエア駅)

下今市駅に到着しました。なかなかにレトロな外観ですが、妙に新しい感じがしました。
それもそのはず、駅舎の改修工事によって、観光駅らしくリニューアルされたばかりのようです。
東武6050系電車2両編成。東武鉄道に乗るのはまだこれで2回目なので、じっくりと堪能しました。
東武ワールドスクエア駅に到着です。
もともと狭い立地の中に作られた新しい駅のため、喜怒川線で唯一列車交換設備がありません。
徒歩1分で東武ワールドスクエアです。まさに目の前といっても良い。
世界中の有名建築物が25分の1サイズで再現されたテーマパークとあって、期待が膨らみます。

ワールドスクエア内は、「現代日本ゾーン」「アメリカゾーン」「エジプトゾーン」「ヨーロッパゾーン」「アジアゾーン」「日本ゾーン」の6つのゾーンに分かれており、各エリア別に異なった世界観の建築物を堪能できます。

まずは「現代日本ゾーン」へ

国会議事堂。2010年に東京に行った際に近くで見たことがあります。25分の1って可愛い。
こちらは東京駅。実際の駅舎は1945年の東京大空襲により3階部分が焼失して長らく2階建てとなっておりましたが、
2007年以降の復元工事により、現在ではほぼジオラマ通りの外観をしております。
拡大すると、フィギュアや車まで精巧に作り込まれております。
園全体で14万人もいるらしい。まさに職人技の結集です。
国鉄201系電車。固定ではなくちゃんと動きます。実際の中央線では2010年に定期運用を終了しているので、
この電車を東京で見ることはもうありません。201系は大阪環状線ではまだ見ることが出来ますが、
2016年に運行開始した新型車両の323系に順次置き換えられることが決定しています。
新幹線200系電車「やまびこ」。こちらの車両も現在は走っていません。
2階建ての新幹線車両は、今ではもう見ることが出来ません。
「現代日本ゾーン」と言いながら、既に最新事情とのギャップが生じているのもまた魅力といえるでしょうね(?)
いやいや最新はちゃんとあります。
こちらは2010年に本物の開業より約2年早く展示を開始した「東京スカイツリー」です。
東武鉄道の象徴でもありますから、力が入っている気がします。まるで実際に現地で写真を撮っているようです。
他にも東京ドーム、東京タワー、新東京国際空港(現:成田国際空港)など、
日本人なら誰もが知るようなモダンな建築物を見ることができました。

続いては「アメリカゾーン」へ。

高層ビルが立ち並ぶマンハッタンの光景です。
なんだか人間の方がゴジラにでもなったような気分。
クルーズ客船「ふじ丸」が向かう先はアメリカ?それにしても、この再現度はすごい。
残念ながらこの客船も2013年に引退しています。
今はなきワールドトレードセンター。ジオラマの"建設"に3億円もの費用がかかったそうな。
熱に弱い材質で作られているため中は空洞で、空調が効いているそうです。
現実世界では9.11テロにより崩壊したため、一度はこのジオラマも取り壊す検討もあったそうですが、
テロの悲しみを後世に伝えるため、今でも展示を継続しているとの事です。
人々の服装や自動車の表情からも、なんだかお国柄が見えて来るようです。
こちらはホワイトハウス。建物の前には大統領のフィギュアが置かれるのだそうで、
選挙の度に変えられているのだとか。つまり今はトランプ大統領ですね。
先の写真は実は建物の裏庭であり、表側はこちらとなります。

不思議な魅力の「エジプトゾーン」

ギザの三大ピラミッド。
ジオラマ製作にあたっては、実際に現地まで赴いて綿密な調査を行なうそうです。
ということは、石の細かな配置まで再現しているというのでしょうか!?
こうして見上げるとなかなか圧巻です。
冬には雪化粧をしたピラミッドやスフィンクスを見れることもあるそうな。
本国ではあり得ませんね。(ワールドスクエアの公式サイトにおいてもこの点は紹介されています)
世界遺産創設のきっかけとなったアブシンベル大神殿です。
アスワンハイダムの建設により水没の恐れがあったこの遺構は、
ユネスコの支援によって60m上に移設されました。

華やかな「ヨーロッパゾーン」

イタリアを代表する観光地かつ世界遺産のひとつ、コロッセオ。
円筒形の美しい外観を誇るが、古代ローマの時代において人や猛獣が死闘を繰り広げる闘技場でした。
中世において、建材が他の建築物に流用されたことで、現在の形となりました。
コロッセウム内部。地下にあった施設がむき出しとなっています。
外観写真に比べ、内部をこうして上から見る機会は少ないですね。
コロッセオの復元模型の写真も出回っていますが、むしろ今の形の方が美しいと感じますね。
ドイツにあるノイシュヴァンシュタイン城。おとぎ話に出て来るお城のようだとよく言われますが、
実際のところ、ルートヴィヒ2世の"ロマンティック趣味"により建設されたもので、
居住や政務や軍事といったものの実用性を無視した構造となっているそうな。
キリスト教の教会建築としては世界最大級の大きさを誇るバチカン市国サン・ピエトロ大聖堂。
座って撮影すると、まるで本物のような角度の写真となります。
さてこれは…おそらく世界一有名な不等沈下の例となった建物です。
世界の有名建築物の中で私が一番好きなのがこの「ピサの斜塔」です。
1990年に地盤の掘削による調整が行われているとはいえ、これだけ傾いているのに崩れないってクールだと思います。
実際に登ってみると思われている以上に傾斜が激しく、気持ち悪くなってしまうらしいです。
こちらは"完成"までに500年以上もの月日をかけた世界最大級のゴシック建築、ミラノ大聖堂。
パリのエッフェル塔。パリ万博での建設当初はパリの街に合わないとして反発もあったようですが、
いまではむしろパリを象徴する近代的建築物と言えるでしょう。
凱旋門の代名詞、エトワール凱旋門。
この時は撮ることそれ自体に夢中になっていたので、もう少し下から撮れば良かったかな。
バルセロナにある建設中の世界遺産、サグラダファミリア。
クレヨンしんちゃんでも、一行がスペイン旅行をしたエピソードがあって、
そこにこのサグラダファミリアも一瞬だけ登場しています(スペインではしんちゃん人気が高いそうで)
実物はこのミニチュアよりも建設が進んでおり、設計者ガウディの死後100年の2026年完成予定とされています。
1980年代には完成まで300年かかると見込まれていましたが、
最新のIT技術の駆使により、大幅な短縮が見込まれています。
イギリス、ロンドンのウェストミンスター宮殿(ビッグベン)。
フィギュアの中にはシャーロック・ホームズも紛れていました。
こちらはロンドン橋...ではなく、「タワーブリッジ」。
ちなみに民謡「ロンドン橋落ちた」で有名なロンドン橋は、同じテムズ川の上流にあり、こちらは至って普通の橋です。
そのほかにも、思い浮かぶ限りの世界中の有名建築物がありました。

「アジアゾーン」(あまり写真撮れてません)

カンボジアの国旗にもなっているアンコールワット。
インド・イスラムの代表建築物であるタージ・マハル

美しい「日本ゾーン」

これは姫路城...!去年行ったばかりなのですぐに分かりました。本当にそっくり。
現時点ではまだ行ったことがない長野県の松本城。姫路城が白ならこちらは黒の印象ですね。
神戸の異人館もありました。やはり異人館の代表格は風見鶏の館ですよね。
こちらは道後温泉の本館。
本物は今年10月頃より10年近い耐震改修工事に入るため、長い間入れなくなってしまいます。
北海道から沖縄まで、全国の重要文化財などの建物があって、これだけでも日本を一周したような気分。
春日大社に、金閣寺と、他にもなかなか紹介しきれないほどたくさんありました。
広島代表として厳島神社があるのに原爆ドームが無い点に、不謹慎ながら「なるほど確かに」と思いましたが…。

鉄道ジオラマ

「日本ゾーン」には巨大な鉄道のジオラマがありました。東武スペーシア。
まるで本物のような精密さ。ここまで何回本物と言ってるかわからないですが^^
そしてこちらは8月に運行開始されたばかりのSL大樹(たいじゅ)。
茶畑のそばを走るSL大樹。
ジオラマを走る車両は時期によってリニューアルされているようで、
東武鉄道の新型特急車両、500系リバティも走っていました。

SL大樹に遭遇

「東武ワールドスクエアの旅」に満足し、宇都宮方面に戻ろうと駅に戻ると、
ラッキーなことに、本物のSL大樹に遭遇しました。とっさに撮りました。
JR四国から譲り受けた14系。昭和レトロの雰囲気をそのままに、
現代的な内装のリニューアルも行われています。乗ってみたいですね。
残りの予算と体力の問題で他の場所(日光駅周辺など)は断念しましたが、
東武ワールドスクウェアだけでも、はるばる栃木まで行ったかいがあったなと思います。

この後はまた、18きっぷで翌日にかけてゆっくりと大阪まで帰りました。