ひぐらしのく頃

  1. ホーム
  2. 虹倉庫
  3. 雛見沢探訪 (聖地巡礼)
  4. 原作編その4:祭具殿・前原屋敷・園崎庭園など

集落から北にある祭具殿と前原屋敷へ

お次は集落から2〜3kmほど北に上がったところにある
祭具殿と前原屋敷に向かいます。

村の風景(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)村の風景(原作)

荻町集落の中にある貸自転車てづかのレンタサイクルを利用して北上します。
その途中で見かけるこの風景も原作に反転して登場(この道を通ったわけではありません)。


祭具殿(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)祭具殿(原作)

「祭具殿」に到着! 道の駅白川郷が目印となるのですぐに分かります。
実際には飯島八幡神社ですが、全国的にはもはや祭具殿としての知名度の方が高いでしょう。
しかし、中に拷問具はありませんので怖がる必要はありません^^


圭一バーベキュープレートを洗う(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)圭一バーベキュープレートを洗う(原作)

圭一がバーベキューのプレートを洗っていたシーンで使われる背景。
本堂の左側にある建物ですので、奥に見えている建物は祭具殿の側面という事になります。
ちなみにこの辺りを撮影してたら、神奈川県から車でやってきたという巡礼者一行にエンカウントしました。


前原屋敷(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)前原屋敷(原作)

さて、祭具殿から道を挟んだ反対側、道の駅白川郷の後ろに、何やら見覚えのある建物が。
圭一くんが住む「前原屋敷」です。田んぼが駐車場化し、道路も奇麗に舗装されています。
この背景、意外と角度が難しいですがとりあえず左端に鉄塔が入ればOK?


前原屋敷(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)前原屋敷(原作)

実際には白川クリーンセンターという下水処理施設のようです。
バスで白川郷へ向かっている途中にも似たような建物(平瀬クリーンセンター?)を見かけました。
合掌造りをイメージしてるんでしょうかね?


前原屋敷(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)前原屋敷(原作)

原作背景としては最も近づいたアングルです。
なんだ木が邪魔じゃねーかもっと前で撮れよと思われるかもしれませんが、
現在は敷地内がフェンスでずらーっと囲われてしまっているためこの角度が限界です。


ダム工事現場(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)ダム工事現場(原作)

前原屋敷のすぐ近くには「ダム工事現場」があります。
本当はもっと先の地点から撮影しないといけないですが、やはりフェンスに阻まれこれ以上は進めません。
他にも付近には川のシーンなどがありますが、関係者以外は侵入が難しくなっています。


レナとエンジェルモートへ向かう道(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)レナとエンジェルモートへ向かう道(原作)

「レナとエンジェルモートへ向かう道」です。左側が前原屋敷で、右側がかつて田んぼだった駐車場。
道がコンクリ舗装されている事も含め、雰囲気はだいぶ変わってしまってます。

最後は園崎庭園へ

さて、残すは園崎庭園こと「合掌造り民家園」のみとなりました。
こちらは25棟の合掌造りを保存・公開している野外博物館です。
ここにもひぐらしで使われた背景がいくつもあります。

魅音と待ち合わせ(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)魅音と待ち合わせ(原作)

「魅音と待ち合わせ」の場所として有名な水車小屋です。アニメではかなりアレンジされてました。
茅葺き屋根が比較的新しいですね。最近替えたのでしょう。


水車

角度を替えると水車が分かりやすくなります。
水車は白川郷の中でも数が少ないみたいなので、こうして近くで見れるとちょっと感動的。


部活メンバーの裏山戦闘(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)部活メンバーの裏山戦闘(原作)

水車小屋の脇にある目立たない小道に入ってすぐの所にも原作背景があります。
「部活メンバーの裏山戦闘」や「養護施設から美代子逃げる」のシーン(左右反転)。
支柱に支えられた木自体が既に無くなっているなどし、かなり分かりにくくなっています。


集会所(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)集会所(原作)

「集会所」のシーン(左右反転)。中野義盛家主屋にて撮影。
こうやってしっかり建物の中を見学出来るのは良いですね。


古手本家内部(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)古手本家内部(原作)

上とほぼ同じ撮影地点で向きだけ変えると、
こちらもやはり「集会所」もしくは「古手本家内部」として使われた背景となります。


祭具殿内部(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)祭具殿内部(原作)

こちらは「祭具殿内部」…のはずなのですが、どうみても野外にしか見えないという。
実際には大家藤重家稲架小屋です。


祭具殿内部(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)祭具殿内部(原作)

ここも「祭具殿内部」。だいぶすっきりしちゃってます。
でも、柱の模様を比較する限りここで間違い無いのですよ。


大家藤重家稲架小屋

稲架小屋の全容はこんな感じ。これが祭具殿内部になっちゃうんだから凄い。


園崎家仏間(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)園崎家仏間(原作)

こちらは「園崎家仏間」(左右反転)、実際には山下陽郎家主屋の内部です。
畳の位置が変わっていたりして雰囲気はかなり変わっています。


祭具殿前室(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)祭具殿前室(原作)

ここは怖い怖い「祭具殿前室」です。でも扉の向こうはもう外です。


園崎家の台所(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)園崎家の台所(原作)

囲炉裏のある部屋を挟んだ反対側にあるこちらの部屋は、
「園崎家の台所」および「大臣の孫監禁小屋内部」に使われた背景です(左右反転)。
ここでもやはり梨花ちゃんが・・・。


園崎庭園(ひぐらしのなく頃に・聖地巡礼)園崎庭園(原作)

合掌造り民家園はひぐらしファンにはもっぱら「園崎庭園」と呼ばれてます。
それは、ここからのアングルが園崎庭園の背景として使われたため。


合掌造り民家園

向こうから逆向きに撮るとこんな感じ。さすが園崎家、素晴らしい庭園ですね^^

原作編はこれでおしまい、続きましてアニメ編に参ります。
…ひょっとしてもう読み疲れてしまいましたか^^?